用語辞典

生地・裁縫・編み方−インナー

生地・裁縫・編み方−レッグ

Q.モダール
A. レーヨンの一種で、パルプを原料とした半合成セルロース繊維です。
光沢があり肌ざわりがよい素材です。

▲トップへ

Q.布帛
A. 縦糸と横糸は交差して織られているもので伸縮性がありません。

▲トップへ

Q.スムース
A. 生地がやや厚めでリブ編みが両面になっています。

▲トップへ

Q.フライス
A. フライスはリブ編みともいい表裏とも同じ編み目になっています。
スムースより生地が薄めで、伸縮性、吸水性があります。

▲トップへ

Q.天竺
A.平編みともいい、軽くて薄い表裏のあるニット素材です。
横方向への伸縮性が高いものになります。

▲トップへ

Q.ゾッキ
A.ほぼすべて伸縮性の高いポリウレタンに丈夫なナイロンを巻いた糸で編み上げられているストッキングの名称です。

▲トップへ

Q.DCY、SCY
A.サポート糸の構造の違いで丈夫さに差がでます。
◆「DCY」(ダブルカバリングヤーン):ポリウレタンにナイロンを二重に巻いたもの
◆「SCY」(シングルカバリングヤーン): ポリウレタンにナイロンを一重に巻いたもの
DCYの方が丈夫です。

▲トップへ

Q.交編
A.サポート糸とナイロン糸を交互に編んだもので、弊社サポートストッキングはこの編み方になります。

▲トップへ

Q.ハイゲージ、ミドルゲージ、ローゲージ
A.ゲージとは網目の密度のこと。
靴下の編地は、糸の太さと適合する編機の針数で目の粗い編地や、目の詰まった繊細な薄手の編地など、仕上がりの表現を変えることができます。
◆ローゲージ: 針数少なく、太めの糸を使用することが多い。 凹凸感のある編地により可愛らしさや、厚み、やわらかさ、ナチュラルな風合いを表現できます。
◆ミドルゲージ: 一般的な靴下でオーソドックスな感じの編地になります。 足にフィットし、履き心地の良い仕上がりになります。
◆ハイゲージ: 針数が多いため、細めの糸を使用します。 生地の薄さと繊細さから、美しさや上品さが表現できます。

▲トップへ

Q.ウーリー
A.ナイロン単一素材で、伸縮性を持たせる為、よりをかけた糸。

▲トップへ

Q.シルク・絹
A.天然動物繊維。
◆メリット:吸湿性、放湿性。夏は涼しく、冬は暖かい(保温性)。UVカット。天然の抗菌効果がある。肌にやさしいタンパク質繊維。
◆デメリット:長時間日光にあたると黄変する。磨耗に弱い。害虫を受けやすい。

▲トップへ

Q.コットン・綿
A.天然植物繊維。
◆メリット:保湿性。通気性がある。洗濯に強い。肌触りがよい。オーガニック素材で肌に優しい。
◆デメリット:縮みやすい。シワになりやすい。長時間日光にあたると黄変しやすい。

▲トップへ

Q.スーピマ綿
A.生産量がわずかな貴重な植物繊維。繊維長35mm以上の超長繊維綿。
◆メリット:(綿のメリットに加え)耐久性に優れている。カシミヤに匹敵する肌触りが柔らかい。毛羽立ちにくい。
◆デメリット:縮みやすい。シワになりやすい。長時間日光にあたると黄変しやすい。

▲トップへ

Q.シルクプロテイン加工
A.シルクより抽出した純度の高いシルクプロテイン(蛋白質)の内、特にフィブロインを生地に加工。
シルクプロテイン加工された当社商品(素肌発見)では美肌効果が確認されている。

▲トップへ

Q.クレープシルケットソフナー加工
A.シャリ感がある涼しげな生地に仕上げる。
べたつかず、肌触りが良い為、夏におすすめです。

▲トップへ

Q.絹紡糸
A.絹糸には繊維の長いフィラメント状の繊維から作った「生糸(キイト)」と、生糸にできない短い繊維を紡績した「絹紡糸」があります。
主として5cm以下の短い糸を使い、なめらかな質感と光沢のある上品な見た目、ぴったりと吸いつくようなフィット性が特徴です。
絹紡糸と呼ぶ糸には、絹紡糸と絹紡紬糸とがあり、絹紡糸の方が上質です。

▲トップへ

Q.デニール
A.デニールは糸の太さを表す単位です。
数が大きいほど太くなります。 一般的にストッキングで15〜20デニール程度です。

▲トップへ

Q.マチ
A.パンティストッキングの股部分に付いている菱形や丸型の別布のこと。
股部分の浮きを抑え、フィット感を高め、動きやすくします。

▲トップへ

Q.レッグ・靴下の丈
A.
◆レギンス・スパッツの丈長さ

◆靴下の丈長さ

▲トップへ

ご不明点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。